乳酸菌で元気な腸を目指そう!

乳酸菌で元気な腸を目指そう!

ヨーグルトを上回るサプリのメリットと内臓への負担

私たちのお腹の環境を改善させるためには、ヨーグルトという選択肢があります。あの乳製品の中には、非常に多くのビフィズス菌が含まれているのです。あれがお腹の中を善玉寄りにしてくれますので、腸内環境の改善が見込める訳です。
しかしヨーグルトは、胃に対するネガティブな影響が懸念されるので注意が必要です。それを考慮すると、むしろサプリの方が好ましい一面があります。

 

ヨーグルトのデメリットと胃袋への負担

 

ヨーグルトという食材は、実は胃に対してはかなり負担が大きいのですね。そもそも乳製品は、全般的に胃袋に対する負担が大きめな傾向があります。牛乳なども、やや負担は大きくなりがちなのですね。

 

そしてお腹の調子が悪くなった時にはヨーグルトを摂取するのも一法なのですが、もちろん大腸や小腸に届くまでに、必ず胃袋を通過する事になります。ですのでヨーグルトを摂取してしまいますと、胃袋に対して負担が発生する事になります。それでお腹の調子は良くなっても、胃袋の調子は悪くなってしまう事があるので、注意が必要です。

 

ちなみに私は、それを内科の医師から聞いてきました。以前に私の胃袋の調子が悪くなってしまった時に、その話を聞いたのですね。内科医がそのようにおしゃっている位ですから、やはり胃袋に対する負担は本当なのでしょう。

 

胃袋に対する悪影響はほぼ無いサプリ

 

ところでサプリメントの場合は、話は別なのです。サプリは、胃袋に対して何も悪い影響を与える事はありません。

 

サプリの場合は、いわゆる錠剤になっていますね。錠剤が胃袋の中に入ったところで、それに対して悪い影響が発生する確率は低いでしょう。ですので胃袋に対するマイルドさという意味では、やはりヨーグルトよりもサプリの方が好ましいわけですね。

 

またヨーグルトには、温度に関するデメリットもあります。ご存知の通りヨーグルトは、冷蔵が必須になります。必ず冷蔵保管が必要になる関係上、常に温度は低めになっているのです。
そしてお腹の中は、基本的に冷やすべきではありません。お腹を必要以上に冷やしてしまいますと、かえって腸内環境が悪くなってしまう傾向があります。もちろんサプリの場合は、その温度に関する問題点はないのですね。

 

このようにヨーグルトによる乳酸菌は、ちょっと内蔵に対して大きな負担がかかるデメリットがあります。それに対してサプリメントの場合はほとんど負担がかからない訳ですから、非常にマイルドが乳酸菌と言えるでしょう。負担が小さな商品を用いて体調を改善したいと思うのであれば、やはりサプリが一番良いと思います。

 

>ニキビ 乳酸菌

私たちが日常的に摂取する食材の中には、体内の水分に関わる物があります。その1つは紅茶ですね。
紅茶を飲むと、頭がスッキリする方々も多いでしょう。現に私も何かに集中したいと思う時には、よく紅茶を摂取します。ただその紅茶と乳酸菌の関連性が気になる方も、中にはいらっしゃるようです。

 

紅茶の水分減少の効果と乳酸菌と一緒の摂取

 

まず前述の紅茶の特徴なのですが、体の水分の減少効果があると言われています。水分補給をする時には、ミネラルウォーターなどは問題ありません。ただ紅茶を摂取すると、逆に体の中の水分が減ってしまうと見込まれているのですね。前述のように気にしている方々は、その効果が心配なようです。
そもそもお腹の中の環境は、水分量に左右される一面があります。ある程度まとまった量の水分がある方が、お腹の環境は整えられる事が多いのですね。つまり水分不足は、便秘の原因になりがちなのです。ですので消化器科の病院の方々は、しばしば水分摂取を勧めているのですが。
そして前述の紅茶には、その水分を減少させる働きがあるので、あまりお腹の中には良くないのではないかと心配な方も見られるようです。まして乳酸菌のサプリなどは、お腹の中の水分量に左右される一面があります。サプリと一緒に多くの水分を摂取した方などは、お通じが改善されている事も多いのですね。しかし紅茶はその水分を奪う働きがあるのですから、果たして紅茶とサプリを一緒に飲んで良いのか否かが気になる方も見られる訳です。

 

乳酸菌と一緒に摂取しても良い理由

 

結論から申し上げれば、特に問題はありません。確かに水分を奪う働きはあるのですが、それでも劇的に奪われる訳ではないので、後者と乳酸菌を一緒に服用しても問題は無いでしょう。
そして、そもそも紅茶は服用するべきなのですね。なぜなら紅茶の中には、多くのポリフェノールが含まれています。ポリフェノールという物質は、お腹の中の善玉菌を増やしてくれる働きがあると見込まれるので、かえって腸内環境が好調になると考えられているのですね。
また一部の紅茶商品の中には、乳酸菌が含まれています。あるキノコ商品なのですが、その中には腸内環境を良くしてくれる乳酸菌が多く配合されているようなのですね。
ですので乳酸菌と紅茶は、一緒に飲んでも問題はありません。ただ紅茶をあまり多く飲みすぎるのは、かえってお腹に対して悪い影響が懸念されるので、適量摂取するよう心がけた方が良いでしょう。何事も加減が大事なのですね。

続きを読む≫ 2015/10/28 21:55:28

乳酸菌のサプリメントを入手した方々は、たまに過剰摂取を検討しています。というのも、乳酸菌は一定以上の量で効果が見込める傾向があるのです。あまり量が少ないと、それだけお腹に対する効果が小さいとの考えによるものです。
ちなみに過剰摂取は、基本的にはあまり意味がありません。しかし人によっては、それで効果を発揮している事もあるようです。

 

乳酸菌のサプリを摂りすぎてもあまり意味が無い

 

サプリの過剰摂取には、まずリスクはありません。そもそもサプリというのは、総じてマイルドな商品が多いのですね。それを服用したからと言って、お腹の中の環境がおかしくなってしまう事はまず無いのです。
例えば乳酸菌のサプリの1日当たりの服用量目安が、3粒になっているとしましょう。それで過剰摂取というのは、1日に8粒や10粒などを服用してしまう事ですね。それだけ多くのサプリを摂取してしまうと、体がおかしくなってしまうのではないかと心配な方もいらっしゃる訳です。

 

しかし前述のように、おかしくなる事は無いのですね。その代わり、あまり意味が無いとの意見が根強いです。
というのも人体がそれを吸収する量は、限界があるのです。多くの量を摂取すれば、それだけ吸収量も多くなる訳ではないのですね。むしろ対外排出によって、あまり意味が無い訳です。

 

過剰摂取の方が大きな効果が見られる事も

 

ところが例外もあるのです。サプリに対する口コミを見てみると、過剰摂取を行っている方々は意外と多いですね。口コミを投稿している方の中で、20人中1人くらいは過剰摂取をしています。
では過剰摂取の効果はどうなっているのかと申しますと、案外と大きな効果が発揮されている事例もあるのです。上記のように本来の服用量が3粒であるにもかかわらず、1日に6粒や8粒などを服用している方もたまに見られますが、それでお通じが大きく改善されている事例は確かに見られるのですね。

 

中には、最初の内は多くの量を摂取するよう心がけている方もいらっしゃいます。とりあえず6粒で様子を見てみて、何となくお腹の調子が変わってきたら、3粒にチェンジしている方も見られるのです。
つまり乳酸菌のサプリは、実は数量の制限は無いのですね。恐らくメーカーとしては、全体平均によって3粒という量を算出しているのでしょう。しかし人間には個人差があるので、たまに6粒でないと効果が発揮されない事例もあるのでしょう。

 

結局のところ、自分で色々な粒の数を試してみるのが良いと思います。それで最もしっくり来る数量で、乳酸菌のサプリの服用を続けるのが良いでしょう。

続きを読む≫ 2015/07/27 16:44:27

ホーム RSS購読 サイトマップ